省力化機械で日本の労働力人口の減少に立ち向かう会社のブログ~自動機の開発・設計・製作から3Dプリンタ、治具の設計製作まで~

(有)イージー・エンジニアリングは、富山県朝日町にある AutoCAD・三次元CADによる試験機・産業機械・省力化機械・自動機を設計・製作・機械開発している会社です。省力化機械の開発・設計・製作から3Dプリンタ、治具の設計製作まで手がけています。

成形物

ハンドスピナーを3Dプリンタでつくる


ハンドスピナーってご存知ですか?

このように、中心にベアリングが入った三角形状の物体を親指と人差し指で軸の部分をつまんで回転させると恐ろしくスムーズにいつまでも回転し続けるという代物ですが、回転時の感触が病みつきになり、世界的に爆発的なブームを巻き起こしています。


日本国内でも、今年の春以降、地方のお祭りの屋台でも頻繁に見かけるようになり、ブームの到来を実感します。東洋経済新報社のニュースに取り上げられるなど、日本国内の反響も大きいです。

このハンドスピナーは、3Dプリンタで自作することも世界的にブームになっています。

こちらの設計デザインが掲載されているThingiverseのサイトに様々なSTLデータがアップされています。
Fidget collection - Thingiverse

また、このように10円玉を「おもり」にしたり、原型をとどめていなかったり、様々なバリエーションが提案されています。
handspinner005

8bf446088914b67b6714fe8c735382b1_preview_featured


弊社でも、1つつくってみました。世間に流通している市販品ほどは回転しませんが^^;
写真と動画を掲載します。
IMG_5963


こんな風に回ります。




参考サイト
ハンドスピナー・クルクるんの誕生とその製作 - 照る照る坊主の青空
自作ハンドスピナーが超進化!回すより作る方が楽しいかも? | My Tech Lab

 

トイレットペーパーホルダーのフタ~3Dプリンタを生活に活用する①~


3Dプリンタを生活に活用するために、とても参考になる事例がありましたので、こちらでシェアします。

3Dプリンターの使い方初級編【あんなモノも作れるのか…】 | My Tech Lab
holder01

リンク先ブログから拝借した写真ですが、トイレットペーパーホルダーのフタの部分が破損したので、それを3Dプリンタで成形・再現するというコンセプトです。

設計の手間も材料費も大してかからないので、おすすめできる活用事例です。





3Dプリンタ成形物における公差


最も普及している3Dプリンタは、積層式(FDM)の樹脂成形のものです。これは安価で普及しやすいものですが、工作機械による機械加工と比べると精度に難があります。

そのため、用途を見極めながら3Dデータを設計する際に調整することが必要です。

下記の記事では±0.2で中央公差で設計することを推奨していますし、それが私も現実的だと思います。
3Dモデルは必ず中央公差にて設計すること | 技術者が語る 3Dプリンターのいろは | リコー

もっと踏み込んで言えば、成形した日の気象条件やフィラメントの状態によっても精度が左右されることがあります。ですので、精度を必要とする部品を成形する時は、まずは試作品を造形して3Dデータとの誤差を確認して、それを成形に反映するという手順が必要です。


【3D成形サービス】始めました!~製造業向け設計提案込の内製3Dプリンタによる成形サービス~


弊社では、3Dプリンタ自体の販売も行っています。

しかし、製造業の現場においては

「3Dプリンタの実力はまだまだじゃないか?」

そう懸念を持たれる方も多いです。

「まずは成形品の状態や実力を見てから判断したい」

そう思われるのももっともです。


そこで、弊社では成形サービスも行っています。

一般的な成形サービスを行うほとんどの事業者とは異なり、弊社では3Dプリンタを内製していますので、リーズナブルな価格で設計提案も含めた成形サービスを行うことができます。

弊社3Dプリンタの仕様はこちらです。
パンフレット1ページパンフレット2ページ

材料は、ABSもしくはPLAに対応します。

まずは3Dデータを設計してお送り頂ければ、早急に見積対応いたします。見積額をストレートに出す前にこちらから最適な設計提案を行いますが、それでもリーズナブルな価格にてご提案できると思います。

3Dデータが設計できなければまずはマンガ絵からでも構いません。見積までは無料ですのでどうぞお気軽にご相談下さい。
ezlogo

tel (2)

自己複製する3Dプリンタ(2)

前回お伝えした自己複製する3Dプリンタ(1)の記事の続きです。

前回から部品を何点か成形していましたが、ついに全て完成しました。

フィラメントが巻かれているリールを支えるホルダを3DCADで設計し、それを3Dプリンタで自己複製しました。

現在のリールホルダーは、トップヘビーで不安定な構造でした。リールホルダを支える脚をアルミフレームにしました。

自分の体を自分で成形するのはとても面白い体験です。

写真ではこのようなイメージです。



手前にあるクランプレバーで様々な幅のあるフィラメントホルダに対応します。
IMG_4723

ホルダを支える脚はアルミフレームにしました。頑丈です。
IMG_4722
IMG_4721



動画ではこのようなイメージです。


ほどよくブレーキが効いていてリールが転がりすぎずに、それでいてキンクせずにちょうど良く転がっているのが分かると思います。

ギャラリー
  • かんたん電子看板のご案内
  • かんたん電子看板のご案内
  • 富山県ものづくり総合見本市2019への出展の報告
  • 富山県ものづくり総合見本市2019への出展の報告
  • 富山県ものづくり総合見本市2019への出展の報告
  • 富山県ものづくり総合見本市2019への出展の報告
  • 富山県ものづくり総合見本市2019への出展の報告
  • 樹脂積層式3Dプリンタによる成形実例(8)~ホースガイド(4)~
  • 樹脂積層式3Dプリンタによる成形実例(8)~ホースガイド(4)~
プロフィール
(有)イージー・エンジニアリングは、富山県にある AutoCAD・三次元CADによる試験機・産業機械・自動機を設計・製作・機械開発している会社です。最近は小規模のクラシカルな機械の修理や、3Dプリンタの開発も手がけています。 連絡先 TEL:0765-83-3521 FAX:0765-83-3522 EMail:info@ez-eng.jp
プロフィール

ez-eng

タグクラウド
富山県の天気
MAP
  • ライブドアブログ