省力化機械で日本の労働力人口の減少に立ち向かう会社のブログ~自動機の開発・設計・製作から3Dプリンタ、治具の設計製作まで~

地域密着型で自動機・省力化機械の設計・製作・機械開発をしています。近年は基板設計の優位性を活かして3Dプリンタや「かんたん電子看板」などの開発・製作・販売を行っています。

公差

【Autocad Mechanical】公差の文字色を変更する方法

他社のDXF図面をもとに流用設計している時に、公差の文字色が異なっているケースがあります。

下記の記事の要領で行えば変更できるのですが、設定変更箇所が奥深い箇所にあるので、このような記事はとても役立ちます。翻訳記事のためにところどころ読みづらく、参考画面が英語で書かれています。

日本語では下記の要領で設定変更箇所にたどり着けます。
ツール→オプション→AM規格→ISOを右クリック→設定→オブジェクトプロパティの設定→寸法記入

3Dプリンタ成形物における公差


最も普及している3Dプリンタは、積層式(FDM)の樹脂成形のものです。これは安価で普及しやすいものですが、工作機械による機械加工と比べると精度に難があります。

そのため、用途を見極めながら3Dデータを設計する際に調整することが必要です。

下記の記事では±0.2で中央公差で設計することを推奨していますし、それが私も現実的だと思います。
3Dモデルは必ず中央公差にて設計すること | 技術者が語る 3Dプリンターのいろは | リコー

もっと踏み込んで言えば、成形した日の気象条件やフィラメントの状態によっても精度が左右されることがあります。ですので、精度を必要とする部品を成形する時は、まずは試作品を造形して3Dデータとの誤差を確認して、それを成形に反映するという手順が必要です。


ギャラリー
  • 【かんたん電子看板】おすすめシチュエーション1~展示会での活用~
  • 【かんたん電子看板】おすすめシチュエーション1~展示会での活用~
  • 【開発実績のご紹介】水引製本工法の具現化
  • 【開発実績のご紹介】水引製本工法の具現化
  • 北日本新聞への掲載記事(検温システム)
  • 北日本新聞への掲載記事(検温システム)
  • 『よろず通信』にご紹介いただきました。
  • 樹脂積層式3Dプリンタによる成形実例(9)~加工治具
  • 樹脂積層式3Dプリンタによる成形実例(9)~加工治具
プロフィール
(有)イージー・エンジニアリングは、富山県にある地域密着型で自動機・省力化機械の設計・製作・機械開発を一気通貫で行う企業です。近年は基板設計の優位性を活かして3Dプリンタ「かんたん電子看板」などの開発・製作・販売を行っています。 連絡先 TEL:0765-83-3521 FAX:0765-83-3522 EMail:info@ez-eng.jp
プロフィール

ez-eng

タグクラウド
MAP
  • ライブドアブログ